防府市青少年科学館ソラール

houfu_01

2013年11月末、新幹線の切符を握りしめ、第二の心の故郷である山口県に行きました。山口の景色、空気感が故郷の佐賀に似ていて本当に落ち着きます。2013年8月、YCAM山口情報芸術センターにて開催されたYamaguchi Mini Maker faire(YMMF) 以来2回目。今回は防府市青少年科学館(ソラール)に行きました。

houfu_02

ソラール館長寺田さんとはYMMFの際、理科ファンブースで互いの活動について情報交換したことがきっかけで、今回私からご連絡しまして、伺うことが出来ました!!

到着するや否や館長室を案内頂き、施設内を一周見回りました。開館15年目を迎えた施設で、どの実験機材や展示も立派で興味をそそるものばかり。充実した館内の展示については一部ですが後程ご紹介します。館長室に戻りますと、館長のオススメの機材をお見せ頂けることに。

科学の楽しさを伝える科学館。そしてその館長室に館長と僕。ここで出てきたのは「円」??算数?数学??

houfu_05

「円」を説明する前にこの機材は公式の確認作業のために体験学習として作られました。実際に館長が出前授業でも使っていらっしゃるそうです。

なぜ「円」なのかというと、中学一年生の数学の教科書「円の公式」は左側に球の表面積、右側に球の体積が書かれているけど、想像がつきにくいという。確かに小学六年生で円の面積は習うもののそのつながりを習うことなく、公式を暗記していた経験があります。

houfu_06

先程の円を分解すると、この写真。円が三角形になった。三角形の公式から導くと分かりやすい。つまり・・・、

円の面積 = 1/2 × 底辺2πr × 高さr = πr2

ということ。これは数学を体験する教材としては素晴らしい。次に球の表面積。

houfu_07

半球に縄をグルグル、グルグルひたすら巻き付け、円が二つある入れ物に縄を直すと・・・なんと!

houfu_08

きっちり入りました!!!公式で確認すると、

球の表面積 = 半球の表面積2πr2 × 2 = 4πr2

ジャン!

houfu_09

円の面積の4倍が球の表面積であることが体験によって理解が深まります。これでずいぶんスッキリしました。数学が体験出来て道理が分かると、数学もとても理解が進みます。球の体積も気になりますね。次は球の体積を体験しよう!

houfu_11

球の中心からその側に向かって切っていくと無数に三角錐が出来ます。(理解が進むように模型はザックリ切られています。)この三角錐のかたまりが球という考えでいくと、底面積は「球の表面積」になるので、

球の体積 = 1/3 × 底面積4πr2 × 高さr = 4/3πr3

と導かれます!!うおっ!分かりやすい!!こんなに分かりやすい体験学習が全学校にあってもいいものだ!ということで、館長がこの時出前授業のために20台も大量生産されていらっしゃいました。この他に手づくりの体験学習機材がわんさかと。学生の皆さんが楽しく学べるよう日々研究していらっしゃいます。

houfu_13

熱心な館長の寺田さんは元学校の校長先生。定年を迎え館長にご応募したことで、現職を務めていらっしゃいます。教え方もスムーズでとても素敵なプレゼンで大変勉強になります。ちなみにこの体験学習は秋山仁先生の解説をご覧になり作成されたものです。

ソラールの展示に戻ります。常設展示と特別展示があり、常設展示にも力を入れている。それは館長自ら作った展示も充実していて日々パワーアップしていきます。たとえば、子どもの頃不思議だった錯覚。視覚のトリックアートや触覚のベルベットハンドなど、この他にもたくさん体験展示が盛りだくさん有ります。

houfu_19

houfu_20

houfu_21

houfu_22

 

開館当初より設置している常設展示で大好きになった機材ベスト3をご紹介します。(完全に個人的なオススメです)

第三位 「昆虫の目」 (この他に魚もありました)

蜂の巣のように集まった複眼を体験できます。複眼のメリットは視界が広い。周りの動物の動きととらえやすい。

houfu_17

houfu_18

第二位 ジェットコースター

ハンドルを回すとビリヤードの球がレールを走っていく。4つのレールがどれも形が違いどれが先に到着するのかを考える楽しい展示。

houfu_23

堂々の第一位 防府

この施設以外で使いようが出来ない展示。一方からは「防」、もう一方からは「府」が見えます。この発案者に感動を覚えました。拍手88888888888・・・。

houfu_26

この他に、山口県を代表する発明家「山口のエジソン」こと「柏木幸助」さんのご紹介展示ももちろんあります。この方は安全マッチ、体温計の発明・製造、醤油速成醸造法・酒精蒸留器の発明をされている偉大な発明家であり起業家でもあります。チャレンジ精神旺盛、地域活性化の先駆者とも言われております。今の時代に近い感覚をお持ちのようです。

houfu_25

最後に、寺田館長がいつも多くの方に伝えていることを山口を代表する詩人「金子みすず」さんの不思議より。

私は不思議でたまらない、青い桑の葉食べている、蚕が白くなることが。

私は不思議でたまらない、誰にきいても笑ってて、あたりまえだ、ということが。

僕らの目の前にある「あたりまえ」を「不思議に思う」ことで、新しい発見(気づき)につながるのではと思います。(人によっては目の前のことを「疑う」とも言います。)現代において、「恥ずかしいこと」「人と違うこと」があると、いじめられるから言わないし右にならえってなりがちですが、実は「不思議に思う」ことを調べていくと、いつもまにか、新しい発見、そして新しい「あたりまえ」になるのかもしれません。先日、日本中を駆け巡ったSTAP細胞のように。

houfu_14

最後になりましたが、寺田館長また防府市青少年科学館のみなさま、突然の連絡にもかかわらず快くお時間頂きありがとうございます。また伺います。

防府市青少年科学館ソラールは開館15周年記念事業「万華鏡の世界展」を開催しております。色々な万華鏡の美しい世界を体験して「光」「鏡」のひみつを探ってみましょうー。是非ご来場ください。

houfu_27

防府市青少年科学館ソラール 開館15周年記念事業  「万華鏡の世界・太陽のひみつ展」
会  期:平成26年2月1日(土)~3月9日(日)
場  所:防府市青少年科学館ソラール
主  催:(公財)防府市文化振興財団・防府市青少年科学館
観覧料:子ども(小・中学生)200円、大人(高校生以上)300円
(団体は20人以上で、子ども100円、大人200円)
※6歳以下の未就学児は無料
※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と大人の介護者1人無料


動物園・植物園・科学館・水族館