Yamaguchi Mini Maker Faire に出展しました!

ymmf_01

2013年8月10日(土)、11日(日)、山口情報芸術センター(以下YCAM:ワイカム)で「Yamaguchi Mini Maker Faire(以下YMMF)」が開催されました。YCAMは「アートと環境の未来・山口 YCAM10周年記念祭」と題し、様々な企画が目白押しの今注目の施設。お近くでもなくても、この期間中に一度となく二度三度行ってください。オススメです!(特設サイトはコチラ

出展者は108団体と当初の予定よりもはるかにしのぐ数。会場内は出展者の熱気に包まれ、クレイジーな出展がここまで集まるとは誰が予想したでしょうか・・・。本当に素晴らしいものばかりでしたが!全部お伝えするにはボリューミーですので、その一部だけでも知ってもらい、次回参加してくださいー。

では早速!
アラタナ研究所の玄関で常設展示のスーパーマリオをモチーフにしたドアベル。DSのタッチセンサーを使っていて任天堂づくし!贅沢ー。
ymmf_02

デジタル万華鏡。中をのぞくと映像が動く動く。何より外見も中身もカッコいい。
ymmf_03

JAXAが愛してやまないスノードーム。中は「はやぶさ」このクオリティは他にはありません!
ymmf_04

ナスとトマトの八百屋の入口顔負けの愛らしいキャラクター ナストマくん。今回は4コマ漫画も登場!
ymmf_05

人に反応するぬいぐるみ(カエル)。人が近づくと顔に反応して見つめてくれる!癒されました。(テレイグジスタンスですねー)
※この時は調整中でしたー。
ymmf_06

mbedを使ったシンセサイザーとスピンスタンプを使ったファミコン。このゲームに子どもたちが夢中ー。
ymmf_07

福岡を代表するMAKERホットプロシードさんの3Dプリンター造形。本当に今の技術ってスゴイ!感動ー。
ymmf_10

福岡のクリエイターが集まって出展された様々なハンガー。正直ハンガーの概念が変わりました。全てレーザーカッターを使っている!
ymmf_08

福工大のレゴを使ったアクションゲーム。八耐でプロトタイプを見て2カ月ここまでのクオリティはすごい。
ymmf_09

伝統工芸畳を使った楽器!ギターを弾きましたが弾きごたえ最高です。
ymmf_11

YCAM InterLABの委嘱作品の制作や海外リサーチャーとの共同研究などの出展。どれもクオリティが高くデザインが洗練されてる!!
ymmf_22

ymmf_20

この他、多数の出展者の皆さま
ymmf_12

ymmf_19

ymmf_18

ymmf_17

ymmf_16

ymmf_15

ymmf_14

ymmf_13

ymmf_21

最後に、僕はD001ブース「理科ファン」。今回、福岡の心優しいクリエイターの皆さんと出展。裏テーマは「ライフ×メディアデザイン」。技術者ではない僕が作るものなので難しい技術よりも身近にあるものをどうとらえるかが中心。出展物はデジタルとアナログの両方で、各出展物は「作品」と位置づけ「タイトル」と「テーマ」をつけました。

枕に頭を乗せると電気が消える「消灯マクラ」、声でモノを動かす「音を楽しむ」
ymmf_24

カップラーメンの待ち時間にARで見て楽しむ「タイマーAR」
ymmf_25

ブースはこんな感じです。初めての出展にビビり、死ぬほど持ち込みました。そして、ご存知の方も多いのですが、テーブルの上、ブース下は塩だらけです。
ymmf_23

 

【まとめ】

arduino等を使った電子工作が「MAKE」ではなく、アイディアを形にすることがMAKEであり、それを作っている人々をMAKERなのかなと思います。そんなアイディアを楽しんでいるMAKERの集合体&お祭り開催中より、参加者でアイディアを出し合い、新しいものが生まれていく「アイディア循環型の新しい文化」=「Maker Faire」であることを肌で感じることが出来ました。以前はサブカルだった「秋葉原」「アイドル」「コミケ」などはこの数年で文化に変わり、次のサブカルの一つが「MAKE」ということかもしれません。

【あとがき 出展までの葛藤などの後日談】

先日、博多図工室にYCAMの皆さんがいらっしゃった際、色々お話をお聞きし興味はあったもの個人的にハードルが高いのではと思っていました。(詳しくはコチラ。)そして葛藤の末、多くの場所で福岡で活躍するクリエイターの方々に刺激を受け出展応募しました。初めてのことで不安だらけ。何作っていいかも分からないところからもスタート。出展1週間前には考えもまとまり、とにかく来場者・参加者と一緒に自分も楽しめる作品を作ろうと思えるようになりました。(そして搬入前日は鹿児島出張ということもあり徹夜して準備←きっと出展社はみんな同じ)当日はたくさんの方に足を運んでもらい都度プレゼン。初日は食事も忘れるほど楽しかった。二日目はさらに輪をかけて楽しかった。二日目は防府市青少年科学館の館長とアツいトークを交わしたり今後の活動につながる実になる事ばかり。今もまだ充実した気持ちが続いてます。きっと出展してなかったら後悔してたはず。次回の出展までにもっと楽しめるものを作っていきます。(当面、月イチ理科は自身の作品制作の場という個人活動にします)

【出展に際しご相談したり泣き言や戯言を聞いてくれたご協力者】

YCAMの皆さん、博多図工室なぎーく君、ナストマくん(CGFM金内透さん・和子さん)、しかじろうさん(夫婦)、ヨシカワさん(夫婦)、栗元さん、李君、黒辻君(と友達)、湯前さん(夫婦)、福岡工業大学短期大学部の弘中研究室(八耐)、福岡教育大学伊藤先生、鹿児島大学面高先生、KMD小泉さん、サヴィーの皆さん、他多数。(順不同)
心より御礼申し上げます。本当にありがとうございます。

 


MAKE MAKER